武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医 – 内科 全般に精通する総合内科専門医とアレルギー専門医

FaceBook
LINE予約
院長ブログ
FaceBook

院長ブログ

今年のスギ花粉情報 ヒノキ花粉も終わり

今年のスギ花粉情報

小平、府中は5/6がヒノキ花粉飛散終了日です。一部観測されている地区がありますがもう終わりでいいと思います。

5/5に品川でヒノキ花粉終了しました。

ヒノキ花粉もほぼ終了です。

やっと天気予報でも少ないといいだしました。もう悪い時のみの投薬で大丈夫です。

多摩地区でも多くのところで4/15にスギ花粉飛散終了となっています。ヒノキ花粉もわずかです。

品川では4/15に スギ花粉飛散終了となりました。 ヒノキ花粉も 非常に少ないです。 摩地区でも同様 となると思います。

4/12以降4/15まで スギ花粉はほとんど 飛んでいません。 ヒノキ花粉も わずかです

4/10-11ともにスギ、 ヒノキ花粉は 少なかったです。本日も 予報では多いになっていますが 少ないと思います。

4/9はヒノキ花粉が品川ではやや多かった様です。 症状を出すくらいの量 飛んでいますがそれほどひどくはならなそうです。 今後多く飛ぶことはなさそうです。 1週間くらいしたら 薬を減らせそうです。

4/7 4/8と品川ではヒノキ花粉が少し飛んでいたようですが量は多くないです。4/8は昼間は晴天でしたがこれくらいの量なのでヒノキ花粉も今後、それほど多くは飛ばないでしょう。

環境省はなこさんが3/29以来、なぜ更新しないかと思っていたら変更になっていました。

4/6はスギもヒノキ花粉も少なかった様です

4/5は品川ではスギ、 ヒノキともに 少なかったです。 多摩地区ではヒノキの花粉も減りだしています。 都内ではまだヒノキ花粉のピークは迎えていない 可能性はありますが 絶対数が少ないようです。

4/3-4は品川ではスギ花粉は少なく、 終息に向かうと思われます。 ヒノキは分も少なく、 ピークは過ぎたと 思われます。

4/2は品川で ヒノキ花粉は それほど多く飛んでいません。 スギ花粉は少ないです。 多摩地区でもヒノキのピークは過ぎた様です。

品川では3/31、4/1はヒノキ花粉は多く飛びました。ピークは過ぎた可能性が高いです。スギ花粉は大分少なくなっています。環境省のはなこさんはこのところ更新されていません。トラブルがあったのでしょうか。

品川では3/29はヒノキ花粉が少なかったですが、 小平では3/29にヒノキ花粉が非常に多く飛んでいました。 3/30は品川ではヒノキ花粉は非常に多く飛んだようです。 3/29は多摩地区では小平のみ今年のピークを示し、 地区によりばらつきがあります。 まだヒノキ花粉のピークは過ぎていないかもしれません。 状況を注意深く見ていく必要がありそうです。

3/29はスギ、ヒノキ花粉は 非常に多い予報でしたが、 都内では ヒノキ花粉は 少なく、 ヒノキ花粉やや多い程度でした。 今年はヒノキ花粉に 反応する人でも 4月10日ごろまでにはかなり症状軽くなりそうです。 ただし東京周辺から出る方はそちらの情報も参考にしてください。➡ 環境省はなこさん(  環境省花粉観測システム(はなこさん) (taiki.go.jp) )

3/27,28は杉花粉は少なかった様です。27はヒノキ花粉がやや多かった様です。本日は気温も高く、非常に多い予報ですがどれくらい飛ぶでしょうか。今日の結果にて今後の状況がわかると思います

3/26は都内でヒノキ花粉が 非常に多く飛んだようです。多摩地区でも 多く飛ん ヒノキ花粉は飛散が早かったので ピークは過ぎていないかもしれませんが 例年に比べてピークは 早く来ると思います。 スギ花粉症だけの人は 4月に入ればかなり楽になりますし、 ヒノキ花粉症の人も 4月は例年より楽だと思います。

3/24 25とスギ花粉は 都内では少なかった様です。 ヒノキ花粉の割合は 増えていますが多摩地区では 飛散開始が早く、 すでにピークを過ぎた可能性があります。 3/26は天気も良く、 気温が上がるので 非常に多く飛ぶ予報ですが、 今日の飛び具合により 今後のスギ、ヒノキ花粉の動向が つかめると思います。

3/23は 天気も良かったのですが。 一部を除いて 関東では 花粉量が少なかったです。 ヒノキ花粉の 量がスギとほぼ同じくらいに なっています。 本日も天気よく 気温も上がり 非常に多くなる予報ですが スギ花粉は そろそろ余力ががなくなってくる かもしれません。

3/22は都内でかなり多くのスギ、ヒノキ花粉が 飛んだようです。 環境省はなこさん(  環境省花粉観測システム(はなこさん) (taiki.go.jp) )によると多摩地区も やや多かった様です。 本日は天気も良く 多くの花粉が飛ぶと思われます。 しかしピークの量は飛ばないと思います。 症状を出す量は まだ飛びますので 継続治療が必要です。

3/20、21と スギ、ヒノキ花粉は少なかったため 皆さま症状が 和らいでいることと思います。 いまが炎症を抑えるチャンスですので しっかり治療を継続してください。 今日の午後から 晴れてくるので少しスギ、 ヒノキ花粉が増えてくると 思います。 ヒノキ花粉が増えてきていますので、 毎年、4月に症状が強い方は 注意が必要です。

3/18は天気も良く気温も上がりましたが都内のスギ花粉量はやや多いにとどまりました。風が弱かったためでしょうか。ただヒノキ花粉の割合が増えています。3/19のスギ、ヒノキ花粉は多くなると思います。

3/13に雨が降ったあと、天気が良くなり、連日、都内では非常に多いスギ花粉が飛散しています。毎日ヒノキの花粉も増えてきています。小平、府中ではスギ花粉は多い状態で続いています。花粉の量は2月終わりから3月初めに比べ少なくはなっています。ただ連日ある程度の量が飛んでいるので鼻、眼の炎症が治まる暇がありません。症状が軽く感じてもきちんと薬を使用しましょう。

3/15も天気が良く、 気温も上がり 非常に多くのスギ花粉が 飛んだようです。 ヒノキの花粉も 本格飛散になってきています。 環境省のはなこさんによると 小平では3/15夜から3/16夜中まで かなり多いスギ花粉が 飛散した様です。 3/16-18も天気が良く気温も上がるので スギ花粉は 多く飛ぶと思われます。 ただピークの飛散量よりは多くないと思います。 同じように天気が良く、 気温が上がっても 飛散量が日によって異なったり 地域によって異なったり しています。 外出する時には 薬を含め十分な対策が 必要です。 ヒノキの花粉に反応が強い方は これから十分警戒する必要があると 思います。

3/14は 天気も良く、 関東全域で非常に多いスギ花粉が 飛散しました。 ただピークの時よりは少なかった様です。しばらく気温が高く 多い日が続くでしょう。 きちんと投薬を続け、 対策をきちんと しましょう。自動測定器とダーラム法は必ずしも一致しない様です。ダーラム法で極めて多いに匹敵する自動測定器の花粉量は50-500以上とばらつきが大きいです。

少し遅れて ダーラム法のデータが 示されます。 多摩地区では3月10日が今シーズンの 最大飛散を示したところが多いようです。 都内は2/22-23か3/6-7に 最大飛散を示したところが 多いです。 環境省はなこさんの 自動測定器のデータを見ると 多摩地区(小平保健所)でも 2月がピークと思っていましたが ダーラム法とは少し異なる様です。 天気が良く気温が上がるときは 要注意です。 あすは雨上がりに晴れ、 も上がるので 注意が必要です。

関東全域で3/9の午後から3/10の午前にかけて大量に^のスギ花粉が飛散しました。3/11は3/9-10ほどではありませんが非常に多く飛散した様です。小金井市付近は最近10年くらいは立川、府中、都内に比し少ない傾向にあります。3/12-13は天気が崩れ少なくなりそうです。

3/9は 関東全域で スギ花粉が多かった様です。 3/10も晴れ、 気温が高いので スギ花粉は 多く飛びそうです。 ただ 2月のピークほどは 飛ばないと思います。

3/8の スギ花粉は都内では 少なめでした。3/9も少なめと 思います。てんきが良くなると ある程度は飛びますので 今のうちに治療を 継続し、備えておきましょう。 そうすれば ひどくならないと 思います。

3/6の午後より 3/7の朝まで関東全域で極めて多いスギ花粉飛散が ありました。夜間にも 飛散することがあるので注意が必要です。 2月22-23の飛散よりは 多くないところが多かった様です。

3/5現在で 都内のスギ花粉数、 環境省はなこさんによる 関東全域のスギ花粉数を見ても それほど多くのスギ花粉は 飛んでいない様です

3/3は都内で、3/2の夜から3/3の午前中に多くの飛散がありましたが3/4はそれほど多く飛んでいません。小金井市近辺でも同様の傾向と思います。

3/2は夜にスギ花粉が増えるという奇妙な現象がありました。1日の総数は品川では非常に多くなりましたが2/23には遠く及びません。今年も2月には多かったのですが3月は例年に比し少な目と思います。

3/1はそれほど多くのスギ花粉は飛びませんでした。3/2は雨あがり、気温も高くなるのでスギ花粉は多く飛ぶかもしれません。しっかり治療を続けましょう。

2月のスギ花粉

2/27は都内で非常に多くのスギ花粉が飛散していますが、2/28は天気がいいのにもかかわらずやや多いにとどまりました。小金井周辺は都内より少ない傾向にありますが、飛び方の変化はほぼ同じです。

2月中の スギ花粉数は 昨年を上回り 2010年以降で 最も 多かったです。 (品川) 昨年は 今年に 次いで 2番目でしたが 3月には スギ花粉は あまり飛散せず、 かなり少なかったです。 今年もそうなると いいのですが。 2月に 飛散が 多い年は 飛び方が早いだけで、 シーズン中の 量 とは関係 ありません。

2/24、25と 気温が 下がったため スギ花粉飛散は 減りました。

2/23に 品川では 極めて多い スギ花粉が 飛散 しています。2/20より 非常に多くの 花粉が 飛散しており、 多摩地区でも、 まだ発表は されていませんが 同様の傾向が みられると 思います。 昨日 高幡不動周辺を 自転車で 走りましたが 目がかゆく つらかったです。 2/24より 気温が下がり スギ花粉の 量は やや減るとは思いますが 薬をやめずに続けることが 大切です。 昨年は 今頃が スギ花粉数の ピークがあり、 3月には 減る傾向に ありました。 今年も今がピークで あれば それほど つらく ならないで 済むかも しれません。 次暖かくなった時の 飛散数により 今年の状況が 決まると 思われます。

今年のスギ花粉情報 開始 です

些細なことでも
お気軽にご相談ください

tel:0423811462
オンライン診療