マラソン講座番外編 軽い強度で長く運動を続けると強度が増えても楽になる - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医