高山病の予防 危険なツアーが多すぎる - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2019年 7月 15日

高山病の予防 危険なツアーが多すぎる

高山病の予防  についての講演につき、今日はまとめます。

渡航医学会に、シンポジストとして参加しました。テーマは潜水医学におけるトラベルクリニックの役割です。この内容は明日、アップします。

今日の講演で高所への旅行、登山のツアーは極めて危険なものが多いことを認識しました。本来高所順化してから高所に移動しなくてはいけないのに、それを省いて施行されています。きちんとした日程をとり高所順化をすると日数もかさみ、費用も増えるため、短期間のツアーにしています。安全無視、利益優先です。以前当院にもそんなツアーに参加するので、高山病予防の薬が欲しいといらっしゃった方がいます。旅行会社から処方してもらって欲しいと言われたとのことでした。無謀な計画をするのに薬で予防するとは本末転倒と話し、処方しませんでした。でも多分どこかのトラベルクリニックで処方を受けたと思います。

でも絶対行ってしまうのですからとりあえず処方はして、使わないでも大丈夫な様にこちらでできる高度順化の方法を教えるべきだったと思いました。具体的な方法はまた述べます。私はもともと山屋でトレーニングを積んでアイガーのとなりのメンヒという山に登ってきました。そこで高山病にかかっています。安易な高所移動には反対の立場です。今後潜水だけでなく、高所移動も勉強し旅人にアドバイスできるようになりたいと思います。