【格言シリーズ その8】 風邪と言ってくる人の多くは風邪ではない 2 - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2018年 3月 24日

【格言シリーズ その8】 風邪と言ってくる人の多くは風邪ではない 2

おはようございます。小金井市山崎内科医院院長の山崎です。下記がかぜといってくるけど違う例です。

発熱、下痢、嘔吐→感染性胃腸炎

発熱、排尿時痛、頻尿→急性前立腺炎

発熱、全身の痛み、東南アジア帰り→デング熱

発熱、全身の痛み、背部痛、頻尿→急性腎盂腎炎

発熱、咳、全身倦怠感→肺炎(高齢者は食欲不振のみ、物忘れが突然ひどくなるということもある)

咳→気管支喘息、肺癌、結核など

鼻汁、鼻閉、くしゃみ→アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎など

上気道症状+発熱のあと咳のみ続く→感染後咳そう

咳、鼻汁、くしゃみ、鼻閉、咽頭痛は生理的反応であることも少なくない。

咽頭痛は咽頭炎、扁桃炎のこともあるがただの喉の傷のことも多いです。おりをみていろいろな例を紹介していきます。