非燃焼加熱式たばこ などの新しいたばこ - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2019年 7月 3日

非燃焼加熱式たばこ などの新しいたばこ

非燃焼加熱式たばこ には現在、 フィリップスモリジャパン社の IQOS、 日本タバコのploomTECH、 ブリティッシュアメリカンタバコジャパンの gloがあります 。
タバコ葉を 熱して発生した水蒸気を 吸入するもので 有害物質を90%削減していると いいます。
世界的に 禁煙志向が増加する中、 タバコ産業が生き残りをかけて 開発した製品です。 燃焼しないことから タールの発生は 少なくなるが ニコチンは ほとんど変わりません。
燃焼しないため 副流煙が出ず、 周囲に影響を与えないと 言っていますが 一度気管支から肺にとりこまれた 水蒸気(正確には霧というべきですが) の 一部は呼気によりより 体外に排出され、 環境に放出され 周囲の人々が 吸うことになります。
吐いた後の 霧がすぐに水蒸気となって消えるため 部屋にこれが充満していても 誰も気が付きません。 臭いがしない(少ない?)ことを 売りにしていますが、 これも気がつきにくくしている だけです。
一酸化炭素に わざわざ臭いを 付けていることを 考えると、見えない、 臭いが少ないと いうことは有害性を 増しているだけだと思います 。私が監修した記事ですその後の検討により、非燃焼加熱式たばこを一時的に吸うことも奨めないという結論になりました。

 非燃焼加熱式たばこはタバコの 有害性を少しは減らしたことは 確かかもしれません。 しかし、もともと大きな毒性を もったタバコの有害性を 小さくしたからと言って 安全だと考えるのには 問題があります。
さらに臭いにくい、煙がすぐ消える、灰が出ないということが周囲に迷惑かけていないと誤解して禁煙動機を奪うことになり、 安全だという間違った理解が さらにそれを助長し、 周囲だけでなく、 本人への悪影響が強くなることが 懸念されます。 例えば麻薬を10分の1に薄めたら 使用していいことにならないのと いっしょだと思います。 こちらも参考に

咳が出にくくなったという人 (呼吸器専門医も含めて) もいますが、それは気道に入りやすくなっただけで かえって局所への沈着が進み、 健康被害が出る 可能性が高いと 思われます。

今回喫煙したくない人を 喫煙者から守る という考えでなく、  喫煙者もタバコから守る必要がある と 禁煙運動の旗手、 対がん協会の 望月先生のお話しに 大きな感銘を 受けました。

非燃焼加熱式たばこ と電子タバコを 混同されている方も 多いようですので 最後に少し 説明いたします。
電子タバコは タバコ葉を用いず、 液体を霧状にして 吸入したり、 ある液体を霧状に したりして、吸入するものです。
簡単に言うと アロマの機械で出た霧を 吸うようなものです。 諸外国ではニコチンを含むものも ありますが 日本ではニコチンを含むものは 禁止されています。
基本的には 香料を吸うだけで 有害物質が生成される と言われ、無害ではないことが わかっています。 器具に何でも入れることも 可能なので入手経路によっては 大麻、脱法ドラッグなどが 入っている可能性も あります。