運動量と脈拍 運動量と脈拍 x=138-年齢/2 - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2019年 9月 28日

運動量と脈拍 運動量と脈拍 x=138-年齢/2

今日から運動療法の話です。まず 運動量と脈拍 についてです。

脈拍を138-年齢/2に保つ運動が安全で健康にいい強度とされています。私で言えば108くらいです。これは私には全くきついと感じない強度です。運動習慣がない人にとっては少しきついかなと思うかもしれません。運動習慣がない60歳くらいの人でしたら速歩き(時速5-6kmくらい)くらいです。階段ゆっくり昇ってもこの強度こえてしまいます。この運動量を続けていけば自然につらい思いをせずにその強度が増えていきます。速歩きをしたあとすぐに15秒脈を数えて4倍してみましょう。この脈拍を超えている場合はまず少し自覚的強度を減らして速歩きしてみましょう。その脈拍をすぐに測れるものも市販されています。(脈拍計で検索)

20120226_094122[1]

サブスリー達成した2012年2月26日高知マラソン10km付近です