緊急事態宣言 北大の西浦教授から緊急事態宣言 - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2020年 3月 24日

緊急事態宣言 北大の西浦教授から緊急事態宣言

北大の西浦教授より 緊急事態宣言 医療関係者にあてたメッセージがありました。

そこで皆様にお願いです。

皆さま少し気が緩んではいませんか。

新型コロナウィルス感染症は密閉、密集、密接の3条件により感染しやすくなります。この条件をはずす行動が重要。

みんなでこの非常事態を乗り切りましょう。

イベントの自粛が行われていましたがここ数日タガが外れたかのようにいつもの生活に戻ってしまっています。少し気が緩んでしまっています。大声をあげて狭い居酒屋で大人数で飲み会をしていることもあります。
新型コロナウィルス感染症はインフルエンザと比べ物にならないくらい高齢者の死亡率が高いのです。ヨーロッパのように感染が急激に広がってしまうと助かる命も助からなくなります。いきなり急増することが考えられます。少し気持ちを引き締めてください。
新型コロナウィルス感染症は密閉、密集、密接の3条件により感染しやすくなる。この条件をはずす行動が重要。50人以上の参加するイベントは開かない、参加しないでください。
新型コロナウィルス感染症の重要な特徴があります。80%はだれにも感染させません。感染させやすい人がいるわけではなく、特殊な環境が問題になるということがわかりました。密閉、密集、密接な環境が合わさったところです。密閉は換気の悪い室内、密集は混雑、密接は手が届くところで対面でしゃべることです。室内で、人が多く、叫ぶといった行動を避ける必要があります。混んだ電車はほとんどしゃべらないので密接は当てはまりませんし、完全な密閉空間ではありません。大きなリスクにはなっていない様です。戸外での散歩なども問題ありません。自分で考えてこの3つの要素を避けることが出来れば社会生活の制限が非常に少なくなります。そして高齢者の命を守ることが出来るのです。これが出来ないと多くの方が亡くなり中国やヨーロッパのように完全に外出禁止になってしまいます。少しだけ自分の行動に制限をかけていきましょう。それがみんなを特に高齢者を守ることになります。日本人は基本的に思いやりがある民族です。ちょっとした気遣いが大切と思います。我々医師も頑張ります。皆さまもお力をください。我々はこの非常事態を絶対に乗り越えられます。