糖尿病 の会議 :北多摩南部保険医療圏糖尿病医療連携検討会 - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2018年 7月 6日

糖尿病 の会議 :北多摩南部保険医療圏糖尿病医療連携検討会

おはようございます。小金井市山崎内科医院院長の山崎です。昨日は   糖尿病 の連携会議に参加してきました。一昨日は地域包括ケアシステム研究会という会にも参加しています。色々地域の会議もあります。これからそんな話も入れていきます。
今日は地域の糖尿病を診察する医療機関のマップの更新について話し合いました。糖尿病は病院などの専門医療機関に集中しがちなので、非専門医療機関でも診ていただこうという趣旨で作成したマップです。小金井市では50くらいの内科を掲げている医療機関がありますが、まっぷに掲載しているのは30あまり。結構、糖尿病は指導がめんどくさいのであまり診たくないというのが現状で、都内ではマップにも載りたくないないという医療機関が多いのが現状です。小金井では私が頑張ってたくさん登録してもらいました。それでも6割。あまり専門性を謳う項目が多いと皆、引いてしまうので、備考欄に専門性を謳いたい医療機関は書けるように、専門性がなくても協力してくれる医療機関が入りやすくしましょうということになりました。特に今回から訪問看護ステーションも掲載しようということになり、特にこの点が大切と思いました。簡単に糖尿病の在宅治療は受けますよという訪問看護ステーションは全て掲載したいというのが趣旨でした。

医療機関もめんどくさい糖尿病を診なくてはあいに取られてしまいます。楽ばかりしていてはいけませんね。喘息、糖尿病、膠原病、血液疾患、慢性閉塞性肺疾患など個人により方針を変えなくてはいけない疾患が診れなければ、また急性疾患に対し対症療法(症状に対する治療)しかしないのでは内科医は要らなくなります
今日は雨なので練習中止。ひざの痛みはほぼなし、足の疲れ少しあり。豊平川マラソンまであと2日。明日少し刺激入れに1-2km、キロ5分弱で走ります。