水分塩分補給 熱中症予防の飲み方について - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2019年 8月 6日

水分塩分補給 熱中症予防の飲み方について

今日は 具体的な 水分塩分補給 の仕方に ついて お話し します。 ちなみに スポーツドリンクの 塩分量は 水1ℓに塩1gくらい です。
まずは 健康な人の 場合です。 28度前後の室内で 過ごす場合は 食事が出来ていれば 水分の 補給を 喉が渇く前にするといいです。 あえて スポーツドリンク でなくて いいでしょう。 涼しいところで 軽い運動をし、 発汗する 場合は スポーツドリンク を2-3本に1本 くらい入れると いいでしょう。 激しい運動を する場合は(30度超えたらやめましょう) スポーツドリンクを 3本に2本から すべてスポーツドリンクにします。 前回お話ししました様に個人差が大きいので前期の様に初めて、おいしいかどうかで量を調節します。塩分が必要な時はスポーツドリンクが、 水が 必要な時は 水が美味しく 感じます。 団体で水分を 補給するときは 全員同じものを 飲むのではなく、 水と スポーツドリンクを 2種類 用意し、 自分で 選べるようにするのが いいと思います。 どんな 状況でも  喉が渇く前に 飲むことが 大切です。 脱水が進むと 塩分が大量に 汗に出、 個人差も大きく、 必要な塩分量が わかりにくく なります。 吸収には 時間が かかります。 急に体液が変化すると 自分の体液を 正常に 保つのが 困難になります。 喉が渇き切ってから 飲むとしたら スポーツドリンクを飲むか、 場合によっては 塩タブレットを 加えることも あり得ます。
心不全や 腎不全が ある人は特に指導が 難しいので、 このような方は 主治医と 相談しましょう。 
 高血圧の方は 一般の方の 半分くらいをスポーツドリンク として、 喉の渇きに より調節 しましょう。 血圧が普段より 低い場合は スポーツドリンクを 1本飲む のもいいと 思います。
OS1などの経口補水液は 塩分が 濃すぎます。 脱水になるまで水を 補給しなかったり、 下痢、嘔吐を繰り返している場合に飲むものです。もしこれを美味しいと感じたとしたら熱中症寸前である可能性が高いです。塩タブレットも同様です。スポーツドリンクが飲めない状況(売り切れ、山の中で水しかない)でのみスポーツドリンク500mlが水500ml+塩0.5gに換算し補給するものです。くれぐれも熱中症予防に水分に優先して使用しないことです。
スポーツドリンクは血液の塩分濃度に近いのでいいと誤解している方が多いですが、これは汗の塩分濃度に近いの誤解です。私のブログを読まれた方は汗の塩分は個人差や、運動、気温などの条件によって様々なのですべての状況で汗の塩分濃度に近いわけではないのはもうお分かりですよね。多くのスポーツドリンクは血液の8分の一の塩分量でOS1はその約3倍です。