東北みやぎ復興マラソン2018 終了 ここから静岡へ向けてリスタート - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2018年 10月 15日

東北みやぎ復興マラソン2018 終了 ここから静岡へ向けてリスタート

東北みやぎ復興マラソン2018 走ってきました。最初の5㎞は順調に飛び出します。足もいたまず、呼吸も苦しくない。3時間20分切りができるかもと思いました。7㎞すぎに両ふくらはぎに違和感があり、このままでいくと故障するので少し押さえます。12-13㎞で痛みが出てきたので目標を完走に切り替えます。キロ5分でいいと考えましたがややそれより遅くなりました。このペースを続けロングのペース走をする感じで走りました。19㎞地点で3時間30分のペーサーについた集団の足音が聞こえました。集団には入りたくないので逃げます。キロ5分を切るペースに上げます。26㎞まで逃げ少し話します。27㎞手前で集団に飲み込まれます。集団で走るのはいやなのでゆっくり抑え集団の後方に下げます。キロ5分強のペースで進み、35㎞くらいから足の調子が良ければ上げようと考えましたが、あとはずるずる落ちるばかり特に35㎞すぎは少しペースを上げると足がつりそうになり、なんとか足を前にもっていく状態。とんでもないタイムでゴールとなりました。でも故障なく、最後まで走り切り、足が強くなったと考えましょう。静岡向けてもう一度やり直します。