普段の身体活動 としての運動で十分な運動量になります - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2019年 10月 5日

普段の身体活動 としての運動で十分な運動量になります

 あえて運動するのは結構難しいと思いますので今日は具体的な運動を 普段の身体活動 として行う方法についてお話しします。

 日常生活の中で動くというだけで運動療法になります。3メッツ以上の 身体活動 を1日60分以上を厚生労働省が推奨しています。普通の速度の歩行だけでも1日60分すればいいのです。ほとんどの 身体活動 は3メッツ以上になるので3メッツ以上1日60分の 身体活動 はそれほど困難ではありません。家財道具の後かたずけ、台所仕事、掃除、立位での子供の世話などでも3メッツ以上あります。階段の昇り降りは1分間に20段往復で5メッツくらいになります。武蔵小金井の階段をは53段ですので2分30秒くらいで往復すると5メッツくらいになります。家の階段はだいたい15段なので3分で4往復すると5メッツくらいです。駅まで歩く。階段を昇る、掃除や台所仕事を手伝う、子供と遊ぶ、仕事の合間に1時間に1回くらい立ち上がって歩いてみる、食事が終わったら食器などをシンクまで運ぶなどによりこの目標は達成できます。動くことを意識するだけで運動療法になります。この 身体活動 で生活習慣病、生活機能低下のリスクを低減できるという研究があります。これくらいならだれでもできると思います。もともと動かない方は1日10分から始めてもいいと思います。IMG_1358

軽井沢で見たカモシカです。山の中 をのんびり歩くのもいい 身体活動 になりますね。