日大アメフト部 監督、コーチの除名処分について考える「スポーツ界の闇」 - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2018年 5月 31日

日大アメフト部 監督、コーチの除名処分について考える「スポーツ界の闇」

おはようございます。小金井市山崎内科医院院長の山崎です。今日で5月が終わります。今月最後の話題は 日大アメフト部 です。
昨日日大アメフト部 監督、コーチの除名処分との報道がありました。反則を指示したという責任です。今回、大ごとになりましたが以前にお話ししたようにスポーツ界では反則の指示が出るのは日常茶飯事です。以前のブログ参照。今回こんな問題を起こす反則でありながら審判はその場で退場処分にしなかったことは不可解です。本来、あれくらいの反則は通常認められるものでペナルティを課すだけというのが普通のアメフトの裁定なのでしょうか。(私はアメフトあまりわからないので何とも言えませんが)あれぐらいの危険なプレーが普通にあり、それを指導陣が普通に指示しているのが実情なのでしょうか。関西学院が提訴したから問題になっただけで、もっとたくさん同じようなことがあるのだと思います。これから膿がたくさん出てくるのか、内田前監督、井上前コーチが見せしめになっただけなのか。内田前監督の発言の中に「関西学院は以前もっときたなかった」というものがありました。