新型コロナウィルス感染症について 経路不明の感染者 - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2020年 2月 15日

新型コロナウィルス感染症について 経路不明の感染者

新型コロナウィルス感染症について 考えてみましょう。中国に渡航歴がない方の感染者が報告されています。これに慌てられている方も多くいると思います。飛沫感染が起きる感染症ですから、検疫で止めることが出来ないのはあたりまえのことで、ウィルスは日本国内に入ってきているのは想定内のことです。感染していても発症しなかったり、軽くすんで風邪(新型コロナウィルスによる風邪ということになります。)と思った人もいると思います。多くの人は重症化せず、まだ流行しているというレベルではないので慌てず、普通の生活をしていきましょう。手洗い、咳エチケットに心がけましょう。発生まもない感染症なので厳重な対応をしていますが、一般の方はそれほど厳重な対応をしないとまずいとは考えないでください。市中に明らかに入ってきたら厳重な患者隔離や、2週間の待機、濃厚接触者に対するウィルス検査などはしなくなります。急にどこかで切り替わるか、自治体により対応が変わるかになり一時的に混乱することになるかもしれません。新型インフルエンザのときと同様です。このとき東京都の対応はきちんとしていたと思います。専門家の判断(特に臨床家)に注目しましょう。