【格言シリーズ その6】女性を見たら妊娠と思え - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2018年 3月 16日

【格言シリーズ その6】女性を見たら妊娠と思え

おはようございます。小金井市山崎内科医院院長の山崎です。今日も格言シリーズです。 

 私が初めて大学病院で問診をしたときのこと。

 腹痛と吐き気で来院した女性。問診をして助教授の外来に回しました。すると助教授がしばらくして、「山崎、今の人は妊娠だったぞ」と言いに来ました。「女性がきたらまず妊娠していると考えて診察するように」と言われました。けっして忘れません。

 腹痛の原因をとことん調べて原因がわからず、挙句の果てに妊娠とわかったという話もあります。忘れがちですが大切なことです。今は必ず最終生理日を聞いてそれから28日を1日でも過ぎていれば妊娠かもしれないと考えています。妊娠していますか、可能性はありますかという質問はだめです。自分で気にしていない人も多いですし10台前半でもあり得ます。