口腔アレルギー症候群 花粉アレルギーの人に起きる果物、野菜のアレルギー - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2018年 7月 17日

口腔アレルギー症候群 花粉アレルギーの人に起きる果物、野菜のアレルギー

 おはようございます。 小金井市 山崎内科医院 院長の 山崎です。 今日は  口腔アレルギー症候群 の お話です。

豆乳アレルギーも これの一つと 考えられます。 花粉の蛋白と 類似した蛋白が 果物、野菜に含まれるため、 花粉にアレルギーがある人 の一部が ある種の果物 、野菜にアレルギー反応を 示すというもの です。 豆乳アレルギーの場合 、カバノキ科( 白樺、ハンノキなど) の花粉に アレルギーが ある人の 一部が豆乳アレルギーを 起こすのです。 同じ様にカバノキ科の 花粉にアレルギーがある人は バラ科の果物にもアレルギーを 示すこと があります。 リンゴ、 モモ、 サクランボ、 ナシ、 イチゴなど食べると アレルギーを起こします。

 これらの蛋白は 加熱や 、口腔内の酵素に 弱いために すぐ変性し、 アレルギー反応が  弱くなり、口の中の違和感、かゆみにとどまることが 多いです。 ただし豆乳の蛋白 熱にも比較的強く、 大量に入るため 強いアレルギー反応(アナフィラキシーなど) をおこします。 豆乳以外でも 強いアレルギー反応も起こすこと があるので注意が必要です。

 スギ花粉症 のある人は トマトに アレルギーを示す ことが ありますが、 頻度は カバノキ科ほど多くは ありません。

 だんだんと 反応を示す 食べ物が 増えていくのが 特徴です。すべてを 禁止にするのは 問題が あり、 私は口腔内の症状のみの 場合は 食べたとき 違和感が なければ 食べてもいいと 話しています しかし息苦しさ、 発疹、 腹痛、下痢 を起こしたことある 場合は その食物の摂取を 禁止しています。 この指導も 定説があるわけではなく 個別に考えること になります。 ヨモギ花粉はせり科、 ブタクサ花粉はウリ科、 カモガヤ花粉はウリ科に アレルギーを 示すことが あります。