マスク をすべての人が着用することが推奨される理由 - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2020年 5月 25日

マスク をすべての人が着用することが推奨される理由

マスク をすべての人が 着用することが推奨される理由をお話しします。明らかな証拠は まだありませんが、理論的に 考えて 新型コロナウイルス感染症 の予防に有効と思われ、WHOを除いて世界各国で 推奨されて きています。欧米では流行が続いているにも関わらず行動の自粛を解除しているため全員にマスク直用を奨めています。日本では地域により少し考え方を変えなければいけないとは思いますが、(東京都はしばらく流行地と考えた方がいいと思います。)マスクが推奨される理由についてお話しします。理由がわかれば常にしなくてもいいことがわかります。状況に応じて個人で考えることが大切です。

インフルエンザ などの呼吸器感染症では 前回お示ししましたように くしゃみ や咳の時のしぶきを 吸い込むことで 感染します。 そのため咳やくしゃみなどの 症状がある人が 他人に感染させないために マスクをすること が予防に有効と されています。 無症状の人は 感染する飛沫を 飛散させることは ないので マスクをする 必要はないと されています。 また医師のように 面と向かって人と 話をし せきやくしゃみを 浴びせられる 可能性の ある人は感染を 予防するために マスクをすることは 推奨されています。 しかしそれ以外の人は マスクをすることが 他人からの感染を予防することは 限定的とされ、 推奨されていません。 マスクしていなくても咳、くしゃみが出るときは 咳エチケットで 十分とされています。

しかし新型コロナウイルス感染症の場合は 無症状の時に感染させること がわかってきました。 原因は 唾液から感染するためと 思われます。 しゃべること で唾液由来の 飛沫が飛散し 感染します。 そしていつ感染しているかわかりません。 それですべての人が マスクをすることが 推奨されるように なったのです。 気を付けて いただきたいのは マスクは他人への感染を 予防するため が主目的のもので、 他人からの 感染を予防することが主では  ありません。ですからマスクは医療用のもの である必要はなく、 布製マスクで 十分です。 またしゃべらなければ本来は マスクはしなくても 大丈夫と 思います。ただいつしゃべるかわからないので すべての人がマスク着用が 推奨されている のです。 感染が流行しているときや見ず知らずの人と話すときはマスクをし 少し顔を背けて大声を出さない。 マスクをしていなかったら しゃべるとき、 口もと ハンカチやティッシュなど で抑え、 少し顔を背けることも 有用と思います。( 会話エチケット )それほど流行していないときは大声ではしゃべらないことを意識することが大切と思います。自分を守るためには 手洗いが有用なことは 今まで通りです。 マスクの必要性について詳しくはこちらを 参考にしてください。 忽那先生 の記事です。 非常にわかりやすく、 またマスクが飛沫の 飛散を防ぐのが よくわかります。マスクしての運動については別に書きたいと思います。