マスクの使用 医療関係者、症状のある人にマスクが必要 - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2020年 2月 4日

マスクの使用 医療関係者、症状のある人にマスクが必要

マスクの使用 による予防効果は限定的であることはすでにお話ししました。当院では通年性にスタッフは咳やくしゃみのしぶきを浴びる可能性があり、感染予防としてマスクを使用し、症状にある方にはマスクを無料で提供しています。そのため十分マスクを確保してあります。しかし新しくマスクを仕入れることが出来なくなり、在庫でまかなわなくてはなりません。症状がある方がマスクを着用すれば十分感染予防になりますので、原則として症状のある方にマスクを着用していただきます。またマスクをはずして診療室の机に置くことはおやめください。マスクをはずしたり位置をずらす場合はマスクを直接触らず、ゴムの部分やわきの部分をおさわりください。もしマスクを触ってしまったら手をアルコールで消毒してください。

この記事も参考にしてください