ノロウィルス による感染性胃腸炎の予防についてです - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2019年 8月 30日

ノロウィルス による感染性胃腸炎の予防についてです

今日は ノロウィルス による感染性胃腸炎の 予防についてです。 ノロウイルス感染の 予防をすれば ほとんどの感染性胃腸炎も 予防できます。  ノロウイルスは 嘔吐物や便が乾いて 空気中を漂い それを吸入することにより 感染します。 便や嘔吐物を処置する場合はマスク、 手袋着用が必要です。  2㍍以上離れていれば ほとんど感染しません。  排便後におしりを拭くときに 手にウイルスが付着します。  その手が触れたりしぶきがかかった場所に触れた手を 介し、 目や鼻、口の粘膜から 感染します。 ノロウィルスは 便を流すときに しぶきがとびちり、 トイレの床などにつき、 それが乾いて舞い上がり、 吸入することにより 感染することも あります。 あまりきれいでないトイレは なるべく使用しないことが 大切です。 マスクで 予防できるので マスクをするのも 方法です。 
明らかな感染者からの 感染よりも一見健康者からの 感染が重要です。  便にはなんらかの病原体が いると考えることが大切であり、 おしりを拭いたりした手を、 何かを触る前に しっかり洗う必要が あります。
感染性胃腸炎は、 嘔吐がなくなれば、 家で排便後きちんと手洗いし 外出先での 排便がなければ 感染しないと考えてください。  近づくだけでは絶対に 感染しません。
嘔吐したものの 洗浄には次亜塩素酸が 必要です。 アルコールでは完全に 消毒できません。 ノロウィルスに有効と いっているいろいろなものは ほとんど有効では ありませんので 注意が必要です。 (杏林製薬のルビスタは有効です、) 手指はきちんと洗い、 水で流すことが大切です。 アルコールは 補助的で洗えない時に しっかり消毒することで ある程度の 予防効果はあります。 入りのついた カーペットなどは どうやって 消毒すればいいで しょう。 スチームアイロンで 熱するのがいいと いわれています。 服は大きな鍋のようなもので  煮沸するのも いいでしょう。 
下記のウエッブを 参照してください。 私は別に 杏林製薬とは 関係ありません わかりやすいです。
国立感染症研究所 杏林製薬
スチームアイロンによる 消毒の論文は こちら
当院のホームページ
流行期前の 10月ごろもう1回 お書きします