スギ花粉自動測定器 情報を上手に使いましょう - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2019年 2月 25日

スギ花粉自動測定器 情報を上手に使いましょう

今日は スギ花粉自動測定器 の 話です。今まで 言われてきた多い、少ないと 数が一致しない ことはお話し してきました。こちらを参照  (東京花粉ネットがまだ運用されていると思ってコメントしてしまいました。お詫びいたします。)そのため 東京花粉ネット は今年から 運用をやめました。 賢明な 判断だったと 思います。    環境省花粉測定システムはなこさん は運用を 続けていますが こちらは数だけを 掲載し、多い、少ないの判断は していません。 自動測定器 については こちら  に詳しく書かれています

自動測定器 はスギ花粉以外の 粒子も 測定してしまう こと、数と 症状の 相関がまだ 確立されていないこと などが解決されておらず まだ試験的な運用に とどまり、今後の改良や判断基準を作っていかなければ なりません。 ただし ダーラム法 との相関はあり リアルタイムで スギ花粉 を測定できるため今どれくらい飛散しているか わかり 非常に 便利なものです。  将来的には 今の ダーラム法  にとって代わると 思います。

現時点では 遅れて届く ダーラム法の情報 と動きがわかる 自動測定器の 情報を 組み合わせて 現時点の スギ花粉数を 自分で判断していく のがいいと思います。 環境省はなこさんの 飛散数をだいたい10分の1として ダーラム法の 基準で 多い少ないの 判断を するのが いいと考えて います。 研究が 進めば 適正な値が 公表されると思います。

少ない 10個未満 やや多い 10-29個 多い 30-49期 非常に多い 50個ー99個

極めて多い 100個以上

昨日は スギ花粉を 浴びながら 静岡マラソン 走ってきました。 16㎞で足が 痛くなり 故障を避けるため ジョグに切り替え ました。3時間47分40秒でした。今後は ランを 減らし 水泳 と バイク で足を鍛えなおします。