スギ花粉予報 が早くも当たってきました。 - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2019年 2月 21日

スギ花粉予報 が早くも当たってきました。

天気予報の スギ花粉予報 は過剰になるという話を昨日しました。小平では今年は飛散開始日(2/17)から本格飛散開始日(2/18)までわずか1日しかなかったため、飛散初期というものがなく、早くも予報が適切になっています。

天気予報では飛散初期、終盤では過剰な予想になることが多くて本格飛散期(ダーラム法で20個以上飛散する時期)には非常に高い確率で当たります。今年は急に飛散量が増えたため、予報が適切になってきました。今年は前回の記事を訂正します。2/17まで1個以上の飛散がなく、2/18は天気が悪く、7.3個のスギ花粉が飛散するとは予想できませんでした。申し訳ありませんでした。多くの方は点眼薬、点鼻薬が必要と思います。今後継続が大切です。

自動測定器ではスギ花粉飛散初期、終盤ではスギ花粉以外の粒子を多く測定しています。今後継続が大切です。