ジェネリック 医薬品の真実 【キムラやのアンパンとヤマ ザキのあんぱん 】 - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2018年 5月 26日

ジェネリック 医薬品の真実 【キムラやのアンパンとヤマ ザキのあんぱん 】

おはようございます。小金井市山崎内科医院院長の山崎です。今日は ジェネリック 医薬品の話です。
政府は ジェネリック 医薬品 は先発品と同じだと言い、ジェネリック医薬品に変更させようとしています。値段が安いので医療費削減になるからです。全く同じであればジェネリック医薬品のほうがいいに決まっています。わたしもジェネリック医薬品使用に関しては賛成派です。でも注意が必要です。中身が同じでもまわりが異なるため。作用が異なることがあります。わたしはキムラやのあんぱんとヤマザキのあんぱんの違いと説明しています。外用薬(吸入、塗布、貼付、点眼など)は溶かしている物質が異なると吸収や組織への分布が異なるため全く別の薬になります。そのためジェネリック医薬品に変更するときは注意しなくてはいけません。ジェネリック医薬品にすると効かなくなったり、副作用が出たりすることが時々あります。政府は正確なことを言っていません。
今朝 15kmくらいゆっくり走りました