アレルギー性鼻炎 の咳 意外に多い咳の原因 - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2019年 6月 15日

アレルギー性鼻炎 の咳 意外に多い咳の原因

おはようございます。小金井市山崎内科医院の山崎です。今日は アレルギー性鼻炎 による咳です。また一般的な咳の話にもどります。
アレルギー性鼻炎があると鼻汁がのどに落ちてきてそれが刺激となって咳が出ます。のどの違和感がありそれをとるために咳ばらいをする、そうするとのどに傷がついて咳が出やすくなる、これが悪循環となり咳が出ます。多くno
多くの人は痰があると表現しますが痰ではなくのどの傷のことが多いです。また鼻炎がのどの近くまでくると咳が出る印象もあります。アレルギー性咽頭炎という概念はありませんがおそらくあるのだと思います。
これは吸入ステロイドも気管支拡張剤も効きません。咳喘息と言われてよくならないという人の中に多いです。抗ヒスタミン剤。噴霧のステロイドが有効です。どこに行っても治らない難治性の咳だと言われた人が抗ヒスタミン剤(アレルギー性鼻炎の薬:アレグラなど)を飲んだらすぐよくなったという笑い話もあります。
前回のアトピー咳そうかと思ったらアレルギー性鼻炎による咳だったということもあります。鼻症状があればわかりやすいのですが患者さんが鼻症状を訴えないことがあり、注意が必要です。意外に多くあり、特には子供で多い印象です。