アニサキス症 とアレルギー 胃の壁に噛みついても痛くないことが多い - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

2018年 6月 15日

アニサキス症 とアレルギー 胃の壁に噛みついても痛くないことが多い

おはようございます。小金井市山崎内科医院院長の山崎です。今日は アニサキス症 の話題です。

アニサキス症は皆様ご存知ですか。イカや、魚に寄生する寄生虫が生きたまま胃の中に入ると胃壁にかみつき激痛がでる病気です。一時テレビで良く報道されたのでご存知の方も多いでしょう。魚類にはほとんど寄生しているため刺身を食べる頻度を考えれもっと多く発症していいと考えます。なぜそんなに多くないのでしょうか。その理由として有力な説があります。それはアニサキスにアレルギーがないと胃の中に入ってかみつかれてもめったに腹痛が起きないからという説です。普通は少しかみついたくらいでは感じないのです。胃の内視鏡で粘膜を採取したことがある人はわかると思いますが、胃の壁に傷をつけてもほとんど痛くないのです。胃潰瘍も症状がないことが多いですね。アニサキスにアレルギーがあると噛みついたところにアレルギー性炎症がおこり痛みが出るのです。胃に入っただけではアレルギーを起こさないのがアニサキス症です。それに対してアニサキスが体内に入っただけでアレルギーを起こすことがありこれをアニサキスアレルギーと言って別に考えなくてはいけません。これにつきましてはまたお話しします。

8B54B31D-3490-4E54-83D9-A9C80F814050

おいしい魚にアニサキスはいます。いてもほとんどの人は大丈夫です。

F930FB24-EAED-4218-8F47-34D4779859AC

これはアニサキスではありません。ブリ糸状虫です。人には害はないらしいですが気持ち悪いですね。