アレルギー 疾患(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、長引く咳など) - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

アレルギー 疾患(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、長引く咳など)

 院長の専門領域は アレルギー  です。専門的治療の提供が可能です。

気管支喘息

院長の 専門領域 のアレルギー疾患の 代表的疾患 です。
喘息( 気管支喘息 )は、 空気 の 通り道 である 気道 が 炎症 などで 狭く なることによって、のどが「ゼーゼー・ヒューヒュー」と鳴ったり(  喘鳴 :ぜんめい )、 咳 や 痰 が出て 呼吸 が苦しくなるのが 典型的な症状 です。しかし必ずしも 聴診 などで 喘鳴 が聞こえるとは限りませんので 注意 が 必要 です。  運動時の息切れ  、 長引く咳 が 気管支喘息 であることも少なくありませんし 受診時 には全く 症状 、 所見 がないため 気管支喘息 と診断されていないことが少なくありません。 気管支喘息は 、 アレルギー を引き起こす 原因物質(アレルゲン) である 埃 や ダニ 、 ペットの毛 などが 体内 に入り、 気管支 で アレルギー反応 が起こったり、風邪 や 温度変化 、 運動 、 ストレス が刺激となって悪化することが多いです。
治療では、 抗原回避 (アレルゲンを近づけない環境整備)をし、 ぜんそく治療薬 (発作を予防するために毎日定期的に使う 長期管理薬 と、発作が起きたときに発作を鎮める 発作治療薬 があります)を 適切 に用います。また 息切れ 長引く咳 の場合、 気管支喘息 であることが多いですが他の疾患( 結核 、 肺癌 、 肺線維症 、 心不全 など)もあり、 的確な診断 を行い当院で 治療 または 専門医療機関 を紹介いたします。( 結核 、 肺癌 、 肺線維症 など)

アレルギー性鼻炎(通年性)

アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を吸入することで、 くしゃみ や 鼻水 、 鼻づまり などの症状が出ます。
 風邪 と違って、基本的にはのどの 痛み や 熱 などはともないません。 風邪 は長くとも1週くらいで軽快しますが    アレルギー性鼻炎 は 症状 が持続します。
 アレルギー性鼻炎 の症状は、主として 鼻 と 眼 に現れます。
なかでも、 くしゃみ ・ 鼻みず ・ 鼻づまり が、その3大症状です。
 アレルギー性鼻炎 の原因は家の 埃 や ダニの糞 ・ 死骸 です。
 ペット の フケ や カビ も原因となります(血液検査によって抗体を測定することで、何に対する アレルギー かを知ることが出来るケースがあります)。

 アレルギー性鼻炎 の症状を軽くするには、とにかく家の埃、ダニの糞・死骸、ペットのフケやカビなど。
アレルギーの元にさらされる状態を出来るだけ避けることです。
こうした策を講じた上で、 抗アレルギー薬 の飲み薬や 点鼻ステロイド で症状を抑えていきます。必ずしも耳鼻科を受診する必要はありません。

花粉症

 花粉症 とは、植物の花粉が原因となって、立て続けの くしゃみ や 鼻水 、 鼻づまり 、 目の痒み 、 目の充血 、 涙 などの症状を引き起こします。多くは 花粉 による アレルギー性鼻炎 で 結膜炎 を伴うことが多いです。それ以外にのどの イガイガ感 、 咳 を伴うこともあります。
原因は スギ や ヒノキ の花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、 カモガヤ 、 ブタクサ 、 ヨモギ ほか、多くの種類があります。
治療は、 抗原回避( アレルゲンを近づけない環境整備)、および 内服薬 や 点鼻 などの 薬物療法 を中心に進めます。 スギ花粉症 は症状が強く、 スギ花粉 は量が漸増しますので症状が治まってもシーズン中は治療を継続することが大切です。 他の 花粉 の場合は症状がおさまったら中断してもいいことが多いです。必ずしも耳鼻科を受診する必要はありません。

 

アトピー性皮膚炎

 アトピー性皮膚炎 は食事や環境による何らかの刺激がきっかけとなり、痒みをともなう湿疹が、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、慢性的に続く病気です。
 アトピー性皮膚炎 の原因は現在のところ、はっきりとはわかっていませんが、 遺伝体質 に加え、 環境因子 などが強く関係して 発病 すると考えられています。
 皮膚疾患 は アレルギーが関与 しないことが多く、原則的には 皮膚科受診 をお勧めしますが 基本的な治療 は可能です。
治療としては スキンケア と 薬物療法 が治療の基本となります。原則的に 皮膚科受診 を勧めていますが 当院 でも対応可能です。

食物アレルギー

 卵 ・ 乳製品 ・ 大豆 ・ 小麦 ・ 甲殻類 ・ 魚卵 ・ 果物 などを摂取することで、様々な症状( 発疹 、 おう吐 など)が出現します。
お子様に応じてそれぞれにアレルギーの疑われる 食べ物の除去 をお勧めいたします。
 血液検査 の結果が陽性イコール摂取出来ないというわけではありません。摂取して異常があるかどうかが重要です。
少量ずつ食べることによって 食物アレルギー の治療を行っていくこともありますがこれは 特別 な 専門医療機関 で施行するのが原則で自分で勝手にやらないことが大切です。
時には 命 を脅かすほどの激しい症状が出ることもありますので、食後、何度か「おかしいかな?」と感じられたら、とにかくまずはご相談ください。場合によっては エピペン という 注射薬 を処方します。 

診療内科のご案内 交通案内 院長ブログ 山﨑内科・youtubeページ スマホサイト用QRコード