総合内科 診療のご案内(専門分野のみでなく内科全般もきちんと診療する内科) - 武蔵小金井の山崎内科医院|総合内科・アレルギー専門医|健康スポーツ医

総合内科 診療のご案内(専門分野のみでなく内科全般もきちんと診療する内科)

総合内科

院長は アレルギー専門医 の前に 総合内科 専門医です。風邪、インフルエンザ、せき、熱、下痢、腹痛、嘔吐、頭痛、膀胱炎などの急性症状・疾患から、生活習慣病をはじめとする慢性疾患、原因のわからない疾患まで、内科全般に幅広く対応いたしております。

急な体調不良や日常的な病気の検査、診察、健康相談など、不安に思ったときは、お気軽に当院をご受診ください。
はっきりとした症状が出ているときはもちろん、「具合が悪いのだけれど、何科に行っていいのかわからない」というような曖昧な場合も、迷われたらまず当院にお越しください。
的確な初期診察をいたし、原因の究明と治療にあたります。
さらに高度な医療や入院が必要と判断された場合には、患者様の症状に適した専門科を判断し、連携医療機関へのご紹介もいたします。

些細な症状、他科と間違えやすい症状からの的確な診断は大切です。体調不良を風邪として扱ってしまうことが多く、咳が長引く場合に気管支喘息、結核を診断することはもちろん、なんとなくだるいと訴えがあった患者さんから 脳梗塞 、 心筋梗塞 、 甲状腺機能低下症 、 貧血 などの診断、長びく咽頭痛が実は前頸部の痛みで 亜急性甲状腺炎 であることを診断することも少なくありません。
腹痛、下肢痛で発症する 心筋梗塞 、脱力で発症する 肺癌 、 狭心症 様症状で発症する 気管支喘息 もあります。急に認知症が進んだと思ったら 肺炎 だったり、 認知症 かと思ったら 甲状腺機能低下症 、 正常圧水頭症 、 慢性硬膜下血腫 であることもあります。
他科で異常がないといわれたが実はその科の病気であることもあります。眼科から嘔吐するので紹介を受けた患者さんが 緑内障 であったり、婦人科で異常がないと言われた腹痛患者が 外妊 、 子宮筋腫 、 卵巣腫瘍 であった、気管支喘息と診断されていたが実は 心不全 、 肺癌 だった、皮膚科で風疹と診断されたが 薬疹 だったということもあります。
些細な症状を見逃さない、専門家の意見も場合によっては疑って考える。これが 総合内科 医の特徴です。

※専門的医療が必要な場合は適切な専門科へご紹介します。
健康診断やアレルギー外来などの専門外来も行っています。

アレルギー外来は こちら
ダイバー外来は こちら
健康診断は こちら
院長一問一答は こちら
長引く咳の診療方針については こちら
気管支喘息の診療方針ついては こちら
動療法に関するブログの記事はこちら
頑張らない運動療法(小金井市医師会)はこちら

動悸・息切れがする、おなかの調子が悪い(腹痛、嘔吐。吐き気、便秘・下痢)、頭痛、めまい、肩こり、風邪、肺炎、気管支炎、夏バテ、疲れがとれない、なんとなく調子が悪い、などの訴えが多く見られます。
このように、内科的な疾患はいろいろな自覚症状で始まりますが、重大な病気の前兆であることもしばしばです。
一見大したことが無いように見えても侮れませんので、ためらうこと無くご受診ください。

次の様な症状がある場合は、早めに当院にご相談ください。

発熱、咳、喉の痛み、胸痛、腹痛、嘔吐、吐き気、下痢、頭痛、胸の痛み、動悸、立ちくらみ、めまい、吐き気、嘔吐、血尿、疲労・倦怠感、むくみ、急な体重減少 など

生活習慣病

生活習慣病には、糖尿病や高血圧、脂質異常症(コレステロールや中性脂肪が高い疾患)、痛風などがあります。
主に運動不足、過食、そして肥満といった生活習慣の不摂生が原因で起きて来ます。
生活習慣病は、一つ一つは軽症でも、いくつもの疾患が重なることが少なくありません。
そして重なることによって、各症状がさらにひどくなったり、心臓病や脳卒中などの重大な疾患に結びついたりする危険性も高まるのです。
そういった事態を招かないように、生活習慣を改善するための対策をしていきましょう。
基本的には、どの病気であっても、生活習慣の改善、つまり食事療法と運動療法が中心であることは共通しています。
必要と判断した場合には薬物療法も行います。

糖尿病

糖尿病とは、体を動かすエネルギー源であるブドウ糖を細胞が取り込めなくなって、血液中に溢れてしまう病気です。
健康な人なら、インスリンというホルモンがしっかりはたらいて、血液中のブドウ糖を細胞に送り込んでエネルギー源にしたり、あるいは脂肪やグリコーゲンという物質に変えて蓄えたりします。
このインスリンが不足したり、うまく細胞に作用しなくなったりした状態が糖尿病なのです。
糖尿病は現在のところ、残念ながら完治させることは出来ません。
ただ、糖尿病そのものを治すことは出来なくても、血糖値を正常に保ち、健康を維持することは十分に可能です。
そして血糖値を正常に保つ上で重要になるのが、継続的なコントロールです。
医師の指導のもと、まず食事療法と運動療法を行います。
これだけで正常値になる患者様も多いのです。
糖尿病が進行したケースだったり、食事・運動療法だけでは血糖値がうまく下がらなかったりしたような場合には、内服薬やインスリン療法を行うことになります。

高血圧

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。
高血圧は日本人にはとても多い病気で、40~74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧と言われます([参照]日本人と高血圧:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/kouketuatu/reason.html)。
高血圧は放っておくと、血管にストレスがかかり、動脈硬化が生じて心不全や狭心症、心筋梗塞といった心臓血管系の病気を招いたり、脳出血、脳梗塞の原因になったりします。
まず行うべきは、適正な体重にし、適度な運動を心がけ、減塩に努めるなどの生活改善です。
また、医師から薬を処方されたら、指示通りしっかりと飲むことも大切です。
一度薬を飲み始めると、一生やめられないと思っている方が少なくないようですが、だんだんと良くなって来れば、減らしたり、やめたりすることも可能です。
一度降圧薬を内服し始めたら飲み続けなくてはいけないと考えるのではなく、薬がやめられるように努力することが大切なのです。

脂質異常症

脂質異常症(高脂血症)というのは、血液中の脂質、具体的にはコレステロールや中性脂肪(トリグリセリドなど)が、多過ぎる病気のことです。
脂質異常症を放置すると、増えた脂質がどんどん血管の内側に溜まって動脈硬化を招いてしまい、そのまま進行すると、ついには心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こしかねません。
治療は、冠動脈の病気などの明らかな動脈硬化性疾患が無い場合には、生活習慣の改善と薬物療法が基本です。
生活習慣の改善は、血中脂質を下げるだけでなく、動脈硬化が進むのを防ぐのが目的です。
ですから、動脈硬化を促進するほかの要素――高血圧、糖尿病、肥満なども改善出来るように生活改善をします。
その主な内容は、食生活の改善、適正体重の維持、適度な運動、禁煙です。
なかでも特に重要なのが食事(食事療法)で、これは適正体重の維持とも深く関わってきます。

痛風

痛風は、その発症前に血中尿酸値の高い状態が長く続きます(高尿酸血症)。
それを放置すると、尿酸が関節の中で固まって結晶になるために関節炎を起こし、ある日突然、足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて痛み出します。痛みは耐えがたいほどで、「痛風」という病名には「風に吹かれただけでも痛い」という意味合いが込められています。
痛風を起こす人は、起こさない人よりも心筋梗塞や脳梗塞になりやすいことも知られています。
これは、痛風に糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病が合併しやすく、動脈硬化がどんどん進むためです。
この病気の研究は進み、良い薬も開発されたため、正しい治療を受け、生活改善をすれば、健康的な生活が送れます。
しかし放置すると怖いので、専門知識を持った医師に相談の上、きちんと治療を受けることが大切です。

総合内科で診察する主な疾患

風邪 発疹 下痢 インフルエンザ 喘息 花粉症 アレルギー性鼻炎  高血圧 糖尿病 認知症       脳卒中 狭心症 心不全  心房細動 胃潰瘍 過敏性腸症候群  悪性腫瘍の外来管理 専門医による診断後の難病(パーキンソン病、関節リウマチなど) など

診療内科のご案内 交通案内 院長ブログ 山﨑内科・youtubeページ スマホサイト用QRコード